SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 不動産リスク > 環境債務・資産除去債務対応コンサルティング

環境債務・資産除去債務対応コンサルティング

概要

2010年(平成22年)4月1日に始まる事業年度から、「資産除去債務に関する会計基準*」が適用されました。
これは、建物等の固定資産の解体・撤去費用および、それに伴う有害物質の処理にかかる費用を、資産・負債に計上するよう求めるものです。
このように、会計対象としての環境リスクの認識が高まるにつれ、不動産においても建物の解体時等に発生する環境リスクを明確化することが求められています。不動産の環境リスクの把握、アスベストおよび土壌汚染を中心とする資産除去債務算定を支援します。

*
国際会計基準との収れん(コンバージェンス)の一貫として策定された会計基準です。建物などの固定資産について、法令や契約で義務付けられた将来の除去(撤去)費用の計上を求めるものです。「建物等のライフサイクルコストを明確にし、有形固定資産の除去に関する将来の負担を財務諸表に反映させることは投資情報として有用である」との判断から会計基準化されました。

サービス内容

SOMPOリスケアマネジメントでは、本サービスにより不動産の環境リスクを把握し、環境債務として代表的なアスベスト以外にも土壌汚染やPCBなどについて資料等調査を実施し、計上金額を算定します。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-5961 受付時間:平日9:00~17:00