SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 不動産リスク > 建物環境リスク評価

建物環境リスク評価

概要

アスベスト、PCB、フロン、その他有害物質などが使われている建物は、人の健康や生活環境に影響を及ぼすおそれがあり、近年、新たな環境問題としてクローズアップされてきました。そして、これらの物質の使用や取り扱いを規制する法律などが次々と定められています。
SOMPOリスケアマネジメントでは、建物状況の把握・評価やリスク対策のための各種サービスをご提供しています。

サービス内容

サービスの流れ

サービスの流れ
詳細を見る
詳細を閉じる

フェーズ1:書類および現地目視調査

書類調査、現地目視調査、ヒヤリング調査により建物の環境リスクを評価します。
評価の対象項目は、アスベスト、PCB、仕上塗料、ラドン、オゾン層破壊物質(フロン)、ばい煙等排出ガス、危険物・特殊薬液貯蔵施設、空気環境、飲料水質、空気調和設備用水質、雑用水質、害虫・害獣防除、排水関係、産業廃棄物、ラムサール条約で指定された湿地の15項目です。

フェーズ2:現地サンプリング・分析

フェーズ1の結果に基づき、実際に建物から試料をサンプリングし、分析を行います。有害物質の存在が確認された場合には適切な対策を提案します。

フェーズ3:コンストラクション・マネジメント

さらに、対策工事が必要となる場合は、設計および適切な施工業者の選定から工事監理までを実施いたします。
技術的な中立性を保ちつつ発注者の側に立って、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、コスト管理などの各種マネジメント業務を行います。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-5961 受付時間:平日9:00~17:00