SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > リスク定量評価

リスク定量評価

概要

企業を取り巻くリスクはますます多様化・複雑化しており、リスクを漏れなく発見し適切に評価することが非常に困難な時代となっています。しかし不十分・不適切なリスク対策では、リスクが顕在化した場合にあまりにも大きな損害を被ってしまい、事業を放棄せざるを得なくなる場合もあるため、不確実なリスクへの対応も極めて重要な経営課題です。
特に、巨大地震等の低頻度でも損害の大きなリスクの対策コストを検討するためには、費用対効果を明確に比較できるリスクの「定量評価」が有効です。
SOMPOリスケアマネジメントでは、自社開発している地震、風災などの自然災害の評価手法を応用して、さまざまなリスクを定量的に解析・モデル化する手法を有しており、このような定量評価手法を駆使して企業のリスクマネジメント活動をサポートしています。

サービスメニュー

事業会社向け リスク定量評価

当社がこれまでに研究・開発してきたリスク定量化技術を応用し、リスク定量評価のサービスを提供しています。


共済引受リスク量計測

運営されている共済事業において、引き受けているリスク量が一体いくらなのかご存じでしょうか? 具体的な金額を把握して初めて、大規模事故に備えるべきストックを検討することができます。
当社では、大手損害保険会社の保険引受リスク量計測手法を活用して各種リスク量の算定を行っています。求められたリスク量は、準備金のみならず共済掛金の見直しや、再保険スキームの検討にご利用いただいています。


金融機関向け 有形資産リスク量計測

当社がこれまでに損害保険を通じて蓄積した実績やノウハウを活かして自社開発した「有形資産リスク量計測モデル」により、震災、風災、水災、火災等のリスク量を求めます。


リスク定量評価関連情報

リスクを定量評価するために行う分析フローや、定量評価モデル、定量評価指標の説明および当社が執筆した関連論文について掲載しています。


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

SOMPOリスケアマネジメントは、リスク定量評価に関するコンサルティング・サービスを提供しています。