SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 製造物責任(PL)PLクラブ > PL情報バックナンバー

PL情報バックナンバー

No.40

「明白な危険と警告義務」を紹介

内容紹介

フロントエンドロ−ダ−から干し草が落下してオペレ−タ−が負傷した事例を紹介。
危険が明白な場合でも、メーカーは警告義務があるのか?十分な警告があっても設計欠陥は成立するか?をカンサス州最高裁やリステイトメント3rdを元に解説。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-4309