SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 製造物責任(PL)PLクラブ > PL情報バックナンバー

PL情報バックナンバー

No.22

名古屋地裁における耕耘機PL判決について

内容紹介

本判例は、日本の裁判所におけるPL事案の取扱に関して注目すべき判例です。
具体的に原告、被告双方からどのような主張・反論がなされ、裁判所が個々の争点について、どのような判断をとったのかを検証してみたいと思います。特に原告側の主張に対しては、メーカーの方々は注目する必要があります。
本判例を読んだ後、あなたはどのような印象をもたれるでしょうか?原告、被告いずれの主張が適切と思われますか?裁判官の判断についてはどうでしょうか?自分が裁判官になったつもりで判断を出してみてください。そのような訓練がきっと貴社の製品安全対策やPL訴訟対策に役立ちます。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-4309