SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 製造物責任(PL) > 中国への進出企業・輸出企業向けPLコンサルティング

中国への進出企業・輸出企業向けPLコンサルティング

概要

中国では、1993年(平成5年)に「製品品質法」を制定し、欠陥責任の考え方を導入しています。同法により賠償責任を追及される「製品の欠陥」には、「設計上の欠陥」「製造上の欠陥」「表示上の欠陥」の3種類があります。このうち、「表示上の欠陥」は、他の欠陥より立証が容易なため、原告から一番追及されやすい欠陥です。取扱説明書や警告ラベルが、中国語版と日本語版で異なる場合、あるいは英語版と中国語版で異なる場合、製造物責任(PL)の裁判で「表示上の欠陥」を追及される可能性があります。海外の情報が容易に入手できる現在では、製品本体や表示におけるダブル・スタンダードは、PLリスクを生むため注意が必要です。
SOMPOリスケアマネジメントでは、総合法律事務所である森・濱田松本法律事務所や同法律事務所の提携先で中国のPL法理に精通した中国人律師(弁護士)などとともに、中国語版の取扱説明書や警告ラベルに関するチェックサービスやセミナーなどを提供しています。

サービス内容

簡易PLリスク評価

当社コンサルタントが貴社製品の簡易PLリスク評価を行い、警告ラベルなどについて、「警告項目としての適否」「警告として表示すべきリスクの漏れの防止」「警告シグナルワードと残余リスクの大きさとのマッチング」などを日本語段階でチェックします。そして、中国語版については、レビューを担当する弁護士に当社から日本語段階での評価内容について事故例を含めて説明し、担当弁護士と連携して最終的に評価します。
オプションとして、日本語版の取扱説明書を中国語版に翻訳するサービスもご提供します。中国本土の簡体字、台湾の繁体字にも対応可能です。ご希望の電子媒体(GBコード、Bigコード)にて迅速に納品します。

〈評価対象物〉
種類
取扱説明書 据付ガイド、試運転・調整マニュアル、ユーザーマニュアル、安全ガイドブック、メンテナンスマニュアル等
パンフレット 販売パンフレット
警告ラベル 製品本体の警告ラベル、梱包・包装パッケージの警告表示等
保証書 保証書
契約書 売買契約書、品質保証契約書、クレーム補償契約、ライセンス契約等

PLセミナー開催

森・濱田松本法律事務所や現地の中国人律師(弁護士)と提携し、中国の「PL法の解説」「PL訴訟手続の概要」「中国におけるPL判例動向」など、さまざまなテーマについて、PLセミナーをご提供します。

コンサルティングパートナー:森・濱田松本法律事務所について

森・濱田松本法律事務所は、日本の大手綜合法律事務所です。同法律事務所には、中国法を専門とする日本人弁護士と中国人律師で構成される部門があり、同事務所に所属するPL法を専門の弁護士と連携を図り中国関連のPL業務を行っています。同法律事務所は、中国国内にも拠点があり、1998年(平成10年)に北京事務所、2005年(平成17年)に上海事務所を設立しています。
中国関連のPL業務に関する同法律事務所の料金につきましては、同事務所の案件ごとの事前見積もりをご参照ください。詳しくは同法律事務所のウェブサイト(http://www.mhmjapan.com)をご覧ください。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-4309