SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 情報セキュリティ > 個人情報保護法対策支援

個人情報保護法対策支援

概要

2005年(平成17年)4月の個人情報保護法の全面施行によって、個人情報を取扱う事業者には、本法に基づき個人情報を適正に取扱わなければならず、それに反した場合は行政処分、さらに主務大臣の命令に反した場合には罰則が科せられるようになりました。 また、2016年1月からはマイナンバー制度が開始され、取扱う個人情報が5,000人以下の小規模取扱事業者においても罰則の対象になりました。
これまで発生した漏洩事件・事故を見てもわかるように、個人情報が適正に取扱われず漏洩してしまった場合、損害賠償の請求などにより企業経営に大きな打撃を与えるばかりか、社会的な信用を失墜することになります。そのため、漏洩などの事態を引き起こさないよう、個人情報を適切に取扱うための体制を構築することが求められてきています。
SOMPOリスケアマネジメントでは、個人情報保護体制の構築・各種活動の推進にあたっての課題解決を通じて、実効性の高い個人情報保護への取り組みを支援します。

サービス内容

教材書籍を活用した体制構築支援

当社が執筆協力した教材書籍「リスクマネジメント 個人情報保護と危機対応」による自主学習を前提に、重要な項目やポイントを訪問コンサルティングにて補完します。また、電話・電子メールなどでコンサルタントに質問できるオプションもあります。

個人情報保護体制チェック支援

個人情報保護法への対応度や個人情報の取扱状況をチェックし、現状の課題を洗い出すとともに、それに対する必要な対応方針を具体的に提案します。

リスク分析支援

個人情報を取扱う局面で求められるリスク分析をトータルに支援します。また、明確になった各種リスクに対して、適切な対応策を提案します。

個人情報保護体制構築支援

個人情報保護法への対応度や個人情報の取扱状況を踏まえ、現状の課題を洗い出すとともに、必要な対応を講じることを通じて、適切な個人情報保護体制の構築を支援します。

危機対応計画策定支援

情報漏洩時の危機対応フローや迅速な対応に必要なツール等の策定を支援します。

教材書籍「リスクマネジメント 個人情報保護と危機対応」

法務、総務、営業部門等の個人情報の管理・運用を行う情報管理責任者を対象とした、個人情報保護法への対応策を網羅した書籍です。(本書は加除式の形態をとっており、次年度以降は更新手続き(有料)で最新情報をご提供していきます。)
詳細は、第一法規株式会社ウェブサイト 「リスクマネジメント 個人情報保護と危機対応」よりご覧いただけます。

本書の特長

  • 法対応に必要な社内規定や各種様式・書式の「ひな形」を提供
  • 法令や各省庁ガイドラインに対する具体的対応、運用をQ&A形式でわかりやすく解説
  • 万が一、情報漏洩した場合の「危機対応」を具体的に紹介

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-4226