SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 情報セキュリティ

情報セキュリティ

概要

現在は、ITインフラの整備とインターネットの普及によって、私たちを取り巻く社会は大きく変わりました。これに伴い、第三者からの不正アクセスや情報漏洩など情報セキュリティに関する事件・事故が急増してきています。
こうした事件・事故は、企業経営を揺るがしかねない大きなリスクとして、リスクマネジメントの観点からも対策が必要不可欠な経営課題となってきています。
SOMPOリスケアマネジメントでは、法令対策だけでなく第三者認証規格の取得など情報セキュリティ全般に及ぶ幅広いコンサルティング・サービスをご提供しています。

サービスメニュー

個人情報保護・プライバシーマーク(Pマーク)

多くの企業では、個人情報保護法(2005年(平成17年))にもとづき、個人情報を適切に取り扱うことが求められています。
このように重要性が高まっている個人情報保護に対する取り組み姿勢として、プライバシーマークの取得が進んできています。
当社では、プライバシーマークの取得やマイナンバー・個人情報保護のための社内体制の見直しに向けたコンサルティング・サービスをご提供します。


ITセキュリティ

近年ではIT技術の発展により、情報資産の価値の増大とともに、その情報資産を守るための情報セキュリティの役割が大きくなってきています。
このように重要性が高まっている情報セキュリティにおいては、その対策レベルを高め、予期せぬ損失の発生や、事故による損害を軽減・回避する必要があります。
当社では、IT社会で健全な企業活動を維持するために必要な情報セキュリティの実現に向けたコンサルティング・サービスをご提供します。


サイバーセキュリティ

昨今、標的型攻撃メールやWebサイトの改ざんなどによるサイバーセキュリティ事故が公的機関や企業などで頻発しています。2015年12月には経済産業省が「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を公表、2016年8月には内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を公表するなど、多くの企業において、サイバー攻撃は事業活動を脅かす経営課題の一つであると認識されてきています。
このように重要性が高まっているサイバーセキュリティにおいて、巧妙化した新たな手法が次々に出現するサイバー攻撃による内部侵入を完全に防ぐことは難しくなっています。そのため、いまやサイバーセキュリティ対策の関心は、いかに早く攻撃を受けたことに気付き、被害を最小にとどめるかに移っており、一部の企業等においてはサイバーセキュリティに対処する専門組織であるCSIRT*1を構築する動きも出てきています。
当社では、CSIRT構築を支援する訓練・研修サービス等を中心に、適切なサイバーセキュリティ態勢の実現に向けたコンサルティング・サービスをご提供します。

1 CSIRTとは、コンピュータセキュリティに関連するインシデントに対処するための組織の総称(機能)です。

情報セキュリティ関連その他サービス

上記の「個人情報保護・プライバシーマーク」、「ITセキュリティ」、「サイバーセキュリティ」に関するコンサルティング・サービス以外にも情報セキュリティ活動を推進する各種サービスをご用意しております。
情報セキュリティへの取り組みのきっかけや情報セキュリティ体制の強化など貴社の様々なニーズに合わせてご提供します。


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-4226