SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 発電設備審査

発電設備審査

概要

1911年(明治44年)より日本最初の性能検査代行機関として数多くの検査実績を有する損害保険ジャパン日本興亜の高い検査技術力とSOMPOリスケアマネジメントの豊富なリスクマネジメントノウハウにより、確実な審査をご提供します。

サービスメニュー

発電設備審査

2000年(平成12年)7月1日より電気事業法が改正され、従来、電気工作物(発電設備)に対して実施されていた法定検査に代わり、安全管理審査制度が導入されました。安全管理審査制度は、発電設備の設置者による自主保安を促進するものであり、設置者が実施する自主検査体制を審査します。
審査は、国以外の民間の登録機関も実施することが可能であり、SOMPOホールディングスグループではSOMPOリスケアマネジメントが経済産業省に安全管理審査機関の登録を行い、損害保険ジャパン日本興亜とともに審査事業を実施しています。
風力発電設備の定期事業者検査を開始しています。


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-5960 受付時間:平日9:00~17:00

SOMPOリスケアマネジメントは、発電設備審査に関するコンサルティング・サービスを提供しています。