SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > CSR・環境 > 環境経営

環境経営

概要

一言に「環境経営」と言っても、気候変動や廃棄物対策といった取組テーマ、省エネ設備の導入や環境配慮設計、環境配慮調達といった実施施策、目標管理や法順守管理、人材育成・研修といった、環境マネジメントに関わる取り組みのように、さまざまな事項が思い浮かびます。
環境経営を推進することは、社会的責任の観点や、取引先からの要請や他社と競争においても重要ですが、環境経営は、組織の実態に合った、かつ他社等と比較したときに引けを取らない、比較優位性のある取り組みとすることが大切です。
弊社のこれまでコンサルティングや環境経営評価の実績を基に、環境経営の取組内容を分析・評価します。

 

サービス内容

環境経営診断

一定の評価基準をもとに、お客さまの組織の環境経営診断を行います。
ヒアリング、文書調査、実地調査により、お客さまの環境経営の取組状況に関する情報を収集し、環境経営に関わる取り組みの推進度合、今後取り組むべき課題、優れている点等を整理し、診断結果をレポートとしてご提出します。
現在の環境経営の取組状況を客観的に把握したい、今後取り組むべきテーマを検討したい、といったご要望に応じ、環境経営診断を実施します。

環境融資の評価基準策定、評価支援(金融機関様向け)

金融機関の投融資を環境に配慮されたものにすることは、社会全体の環境配慮の推進に寄与するとともに、金融機関にとっては投融資先の環境評価がリスク回避にもつながります。
環境配慮の効果が見込まれるプロジェクトへの投融資や、優れた環境経営を実施している企業等への投融資を行う、「環境配慮投融資」を実践するには、投融資対象の環境配慮度合を把握し、期待された環境配慮の効果が見込まれるのかを評価することが必要となります。この環境配慮投融資の評価基準と評価方法の策定、また実際の案件の評価を弊社にて支援します。
また、環境配慮投融資を推進する環境省の補助事業として、再生可能エネルギー等のプロジェクトへの環境融資を対象とした「環境リスク調査利子補給事業」と、地球温暖化対策のための設備投資への融資を対象とした「環境配慮型融資促進利子補給事業」の2つが実施されています(2015年度時点)。この2つの利子補給事業は、融資対象の環境評価を一定の基準を元に実施することが要件となっています。
これらの補助事業も含めた、金融機関様に向けた環境融資評価の基準策定、評価支援コンサルティングを実施します。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-5973 受付時間:平日9:00~17:00