SOMPOリスクマネジメント > サービスメニュー > CSR・環境 > 環境法規制対応

環境法規制対応

概要

環境関連の法令は多種多様なものが制定されており、昨今、地球温暖化や廃棄物、化学物質管理に関する法令は、新規制定や改正がなされ、規制内容が厳格化される傾向にあります。
これらの環境法令の情報を確実に把握し、対応することは組織のコンプライアンス上重要です。しかし、通常業務の繁忙や人事異動等により十分な対応が難しいこともあろうかと存じます。
弊社では、コンサルタントが環境法令の最新情報の提供、環境法令の対応実務の助言、実地調査などにより、環境法令順守管理を支援します。

サービス内容

環境法規制等の順守評価支援

当社では環境法令の情報収集を定期的に行っており、環境法令の最新情報の提供、環境法令の適用対象となるかどうかの助言、対応ノウハウを提供し、環境法令順守管理を支援します。
お客さまの実態を確認した上で、「お客さまに特化した」、必要な情報を絞り込んで情報提供し、具体的な対応方法の助言を含めた順守評価支援を実施します。
本支援では、調査対象とする環境法令を協議の上決定し、各種届出報告や環境法令管理に関する文書類等を調査し、実地確認とヒアリングにより現状の環境法令管理の状況を確認します。また、調査結果を踏まえてお客さまに関連する環境法令に関して、定期的に環境法令等の新規制定・改正情報をご提供します。

廃棄物管理対応支援

事業活動から生じる廃棄物は、廃棄物処理法・地方自治体の廃棄物関連条例に基づく管理が必要であり、一般廃棄物/産業廃棄物等の適正な分別、許可業者への処理委託、委託先の適正処理確認、法に基づく契約書の取り交わしや産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付管理、保管場所の管理等々、法で定められた基準に基づくさまざま対応が必要です。
これらは法律で求められる対応事項ですので、不備があると法令違反となります。しかしながら、法で求められる管理基準や対応実務は詳細かつ複雑であり、これを理解した担当者を養成・配置することが課題となっている組織も多いようです。
廃棄物管理について、法に基づく実務対応支援や処理委託に関するリスク管理支援といった、廃棄物管理対応の支援コンサルティングをご提供します。

省エネルギー法対応支援

エネルギー問題や気候変動への対応が求められる昨今、事業活動を通じて消費する燃料、熱、電力の使用量を把握し、その使用量を削減する省エネ活動は、事業者にとって必須の取り組みとなっています。
弊社では、エネルギー使用量の「見える化」、省エネルギー対策等を行うコンサルティングサービスを通じて、設備更新や運用面の改善等により「どの程度エネルギー使用量を削減できるか」を具体的に提案する他、その効果的な実施を支援します。

自動車使用管理計画等作成支援

昨今、自動車の環境規制の強化が世界的に加速しています。
そのような中、日本においても自動車の所有者・使用者にさまざまな対応が求められています。
自動車NOx・PM法(以下、NOx・PM法)及びその他各自治体の条例により求められている、自動車使用管理計画書・実績報告書等の報告もその一つです。
弊社では、NOx・PM法及び全国の条例に基づく報告制度への貴社該当性を確認し、各計画書・報告書の作成に必要な車両ごとのデータを集計・加工、必要な様式や補足資料の整備、計画書・報告書本編作成に係る助言を実施いたします。
貴社の作業負担の軽減を図り、適切なコンプライアンス対応をご支援します。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3349-6828 受付時間:平日9:00~17:00