SOMPOリスケアマネジメント > サービスメニュー > 事業継続(BCM・BCP)

事業継続(BCM・BCP)

概要

企業が災害や事故で重大な被害を受けても、特定された重要な業務を中断させず、仮に中断したとしても目標復旧時間内に復旧させるための管理プロセスを「事業継続マネジメント」(BCM: Business Continuity Management)と言います。
重要な業務を継続するための必要な事項を盛り込んだ計画を「事業継続計画」(BCP: Business Continuity Plan)と呼び、BCMは一般的にBCPの策定・運用・見直しまでの戦略的な運営を示します。

マネジメントシステムの仕組み

BCMは、重要業務の操業度の低下を許容限界内に押し止め、顧客の他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守る経営レベルの戦略と位置づけられています。

サービスメニュー

防災マニュアル

大地震発生時は、人命安全確保や二次災害防止のために迅速に行動しなければなりません。一方で、帰宅が困難な従業員へ対応したり、会社として対策本部を設置して全社をコントロールする体制を速やかに立ち上げる必要もあります。これらの行動は、短時間で確実にできなければなりませんが、そのためには場当たり的に対応するのではなく、あらかじめマニュアル等で一定のルールを定めておかなければなりません。
SOMPOリスケアマネジメントでは、これら地震発生時の初動対応(3日間程度)に関するマニュアルの作成や見直しの支援を行います。


BCP

今日の企業活動ではオペレーションの効率化が進んでおり、大地震の発生、新型インフルエンザの流行等による自社の拠点およびサプライチェーンの機能停止などにより重大な影響を受ける恐れがあります。長期間にわたって企業活動レベルが低下すれば、利益を逸失するのみならず、シェアの低下、雇用や地域への悪影響など、企業価値の低下を招きかねません。
このようなリスクに対処する経営管理手法として、事業継続マネジメント(BCM、Business Continuity Management)が注目されています。BCMにより適切にリスクに対応することができれば、企業価値の維持だけでなく、結果としてその向上も期待できます。


訓練

初動対応マニュアルやBCPを策定した後は、これらを従業員へ浸透させるため、また改善点を確認するためにも訓練を繰り返す必要があります。避難訓練や消火訓練などの防災訓練は毎年定期的に行っている企業がほとんどですが、実際の災害発生時の対応力を向上させるためには、防災訓練に加えて、対策本部要員や経営層の判断を求める訓練、拠点間が連携する訓練などをすることが有効です。
SOMPOリスケアマネジメントでは、これら訓練の企画、実施、評価について支援します。


BCMS

SOMPOリスケアマネジメントでは、事業継続に関する国際認証規格の取得を支援します。


セミナー・講習会

SOMPOリスケアマネジメントでは、防災や事業継続に関するセミナーに講師を派遣します。


お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

SOMPOリスケアマネジメントは、事業継続マネジメント(BCM)・事業継続計画・BCP対策をはじめとしたコンサルティング・サービスを提供しています。