SOMPOリスケアマネジメント > セミナー情報 > 事業継続マネジメント規格「BS25999」の活用

事業継続マネジメント規格「BS25999」の活用

開催終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

地震やシステム障害などの災害・事故時に重要業務を継続させる、あるいは早期に復旧させるための経営手法として、「事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)」があり、経営者の関心が高まっています。
このような中、英国規格としてBS25999−Part1(実践のための規範)が昨年11月に発行されました。
2007年夏には、第三者認証用のBS25999−Part2(監査の仕様書)の発行が予定されており、世界初のBCM認証規格となります。
企業にとっては、自社のBCM取り組みに使用するだけでなく、関連する企業のBCM対策レベルを把握するためにも、この規格は大いに活用できるものと考えます。
今回のセミナーでは、この「BS25999」の規格内容やその活用方法、理解を深めるための研修について、認証機関よりご紹介いたします。 
また、この規格への対応活動を行う上でのポイントについてもご説明いたします。

開催概要

タイトル 事業継続マネジメント規格「BS25999」の活用
―BS25999の要求事項と企業活動における活用―
日時 2007年7月31日(火)13時~16時30分
会場 中央大学 駿河台記念館
(東京都千代田区神田駿河台3−11−5)
◇地図 → 中央大学駿河台記念館アクセスガイド
定員 150名(先着順)
参加費 無料
パンフレット 企業リスクマネジメントセミナーのご案内(PDF形式、222kバイト)

お問い合わせ

損保ジャパン・リスクマネジメント セミナー受付担当
TEL: 03-3349-4226 FAX: 03-3349-4677