SOMPOリスケアマネジメント > セミナー情報 > 『大規模災害と事業継続マネジメント』セミナー

『大規模災害と事業継続マネジメント』セミナー

開催終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

2003年夏以降多発した産業施設における大規模な火災・爆発事故は、企業が環境変化を認識し、事故・災害に対するリスクマネジメントを経営課題として取り組む必要性を改めて提起しました。
さらに昨今は、生産や物流拠点の集約化、世界規模でのサプライ・チェーンの拡大に伴い、事故・災害など不測の事態から守り、できる限り被害を最小限に抑える「事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)」も不可欠な経営課題となっています。 

本セミナーでは、続発する産業災害の背景と災害リスクを含めたリスク情報の開示要求など企業を取り巻く環境変化について解説いたします。また、このような環境変化を新たなリスク要因と捉え、企業に求められるBCMなどのリスクマネジメントの考え方や地震BCM実践のポイントについてご説明いたします。

ご参加の皆様には、今後リスクマネジメントを推進されていく上で有益な情報が得られるものと確信しております。

開催概要

概要

タイトル 『大規模災害と事業継続マネジメント』セミナー
申込方法 ご案内・申込書(PDF形式、307kバイト)

内容

東京会場

会場 中央大学 駿河台記念館
日程 2004年10月20日(水) 13時~17時
定員 150名(先着順)
参加費 無料

大阪会場

会場 梅田スカイビル スペース36
日程 2004年10月26日(火)13時~17時
定員 100名(先着順)
参加費 無料