SOMPOリスケアマネジメント > セミナー情報 > 第5回YREセミナー

第5回YREセミナー

開催終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

新聞やテレビなどマスコミに報道されている最近の医療事故の内容を見ると、ほとんどが医療従事者の「単純な不注意による事故(いわゆるケアレスミス)」です。このような事故の報道は、社会的なインパクトが大きく、病院の信用を失墜させ、結果として病院経営に大きな影響を与えることにもなりかねません。
これらの医療事故を予防するためには、その発生メカニズムを分析し、事故発生の背景要因、つまり「病院内の管理システムのどこに問題があるのか」を洗い出し、根本的な対策を講じることが重要です。このような改善活動を推進するリーダー的役割を担うのが「リスクマネージャー」であり、病院内でのリスクマネージャーの養成は今、急務となっています。
今回の研修では、具体的な実例を用いて、事故の背景要因の洗い出しや対応策の検討手法を学ぶとともに事故予防の情報源となる「インシデント(ひやり・はっと経験)」報告制度の導入から医療事故防止マニュアル作成までの病院内におけるリスクマネジメント活動について実践を通して修得することを目的としております。

開催概要

タイトル 第5回YREセミナー~病院リスクマネージャー~
(医療事故防止活動の推進者)養成研修
日時 1999年12月16日~12月18日/2泊3日
講師 三宅 祥三 武蔵野赤十字病院 副医院長
児玉 安司 三宅坂総合法律事務所 弁護士
プログラム
    【1日目】 12月16日
  • オリエンテーション
  • 医療事故の分析・評価
  • 医療事故の背景要因分析および改善策の検討方法
  • 意見交換会
    【2日目】12月17日
  • メディカル・リスクマネジメント専門スタッフ
  • 事故防止マニュアルの作成方法
  • 特別講演(三宅 祥三氏)テーマ:武蔵野赤十字病院における組織的な医療事故防止活動例
  • 意見交換会
    【3日目】12月18日
  • 特別講演(児玉 安司氏)テーマ:医療事故
  • 医事紛争の防止対策~リスクマネジメント導入について~
  • まとめ