SOMPOリスクマネジメント > 刊行物・レポート > SAFETY EYE NEO バックナンバー

SAFETY EYE NEO バックナンバー

No.14(2015年12月発行)

女性活躍推進

内容紹介

本誌、『SAFETY EYE NEO』は、損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント株式会社が、企業におけるリスクマネジメント実践の推進に役立てていただくことを目的に、毎回、企業を取り巻くリスクに関連するテーマを特集しています。

今回は、「女性活躍推進」をテーマに取り上げました。

現在、日本では、安倍内閣が積極的に「女性活躍推進」施策を打ち出しており、2015 年8月28日には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が成立しました。
これにより、2016 年4月1日から、国・地方公共団体や従業員が300人を超える民間事業主は、女性管理職の割合などの数値目標を設定し、女性の活躍に向けた取組みを盛り込んだ行動計画の公表を義務付けられます。
今後、女性活躍推進に係る取組みは、日本企業の経営戦略や、企業価値向上策の1つとして、女性活躍推進法の要請以上に積極的に取り組むことが望まれます。
第1章では、法政大学 キャリアデザイン学部 教授 坂爪 洋美氏が、「女性活躍推進における企業の風土醸成・制度構築」をテーマに、企業の実務面、特に女性の活躍を促すための管理職の役割と、長時間労働などと批判される働き方への改革に関するヒントをご提示します。
第2章では、弊社コンサルタントの宮本 薫が、フランスやアメリカなどの制度を例示しながら、日本の女性活躍推進に係る取組みに、今後求められる考え方などを紹介します。

本誌が、皆様の女性活躍推進に係る情報収集や、取組みへのご参考としてお役に立ったならば、幸いです。

目次

1. これからの女性活躍推進をキャリアと職場から考える
 はじめに
  1. 女性活躍推進はどこまできたか
  2. 女性活躍推進の具体像
  3. 女性活躍推進をもう一歩進める
 おわりに
2.「男女共同参画」をより理解するために ~女性活躍推進法成立に係る日本の状況と諸外国の取組み~
 はじめに
  1. 日本の現状と国際社会が求める女性活躍推進のあるべき姿
  2. 諸外国の政策的な取組み事例
 おわりに