SOMPOリスケアマネジメント > ニュース > 2016年 > 損害保険ジャパン日本興亜株式会社と当社にて実施したミャンマーにおける「地球観測衛星データを活用した天候インデックス保険の開発」が第2回宇宙開発利用大賞の「内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞」を受賞

2016年

2016年3月30日

損害保険ジャパン日本興亜株式会社と当社にて実施したミャンマーにおける「地球観測衛星データを活用した天候インデックス保険の開発」が第2回宇宙開発利用大賞の「内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞」を受賞

 

損害保険ジャパン日本興亜株式会社と当社による「地球観測衛星データを活用した天候インデックス保険*1の開発」が、第2回宇宙開発利用大賞*2において、内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞を受賞しました。
これは、宇宙開発利用の推進において特に顕著な功績が認められた取組みが表彰される制度で、金融機関では初めての受賞となります。
詳細は、損保ジャパン日本興亜ホールディングスウェブサイトの以下リンクからご覧ください。

*1
天候インデックス保険とは
気温、風量、降水量、日照時間等の天候指標が、事前に定めた一定の条件を満たした場合に定額の保険金をお支払いする保険商品です。近年深刻化している気候変動に対する適応策として、気候変動の影響を受けやすい発展途上国の農業セクターを中心に注目を集めています。
*2
宇宙開発利用大賞とは
宇宙開発利用の推進において先導的な取組みを行うなど、宇宙開発利用の推進に多大な貢献をした優れた取組みの功績をたたえることにより、日本の宇宙開発利用のさらなる進展や宇宙開発利用に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的とした内閣府宇宙戦略室が実施する表彰制度です。

ニュース記載の情報は、発表日現在のものです。サービス内容、お問い合わせ先、URL等は、予告なしに変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。