SOMPOリスケアマネジメント > 企業情報 > 事例実績紹介 > 労働災害事例

労働災害事例

お客様情報 経済産業省 様
サービスメニュー 平成25年度中小零細規模の鉱山における「鉱山保安マネジメントシステム」の構築・有効化に関する調査研究事業

概要

鉱山保安マネジメントシステムの構築と有効化のためのガイドブック

2005年(平成17年)に鉱山保安法が改正され、国の関与(規制)を最小限とし、現場の実態に合ったPDCAサイクルを定着させ、鉱山においてマネジメントシステムとして自律することを目指してきました。それにより災害をゼロに近づけることを目標としています。
経済産業省はその推進策として、2013年(平成25年)2月に鉱山保安マネジメントシステムに関する手引書を公表し、その構築と有効性向上に向けて取り組んでいます。しかし、一般に中小零細規模鉱山では財務基盤が弱く、人材やノウハウも不足しているため、鉱山保安マネジメントシステムに取り組む余裕がなく、その対応も遅れがちです。
本業務では、従業員 50 人未満の中小零細規模鉱山を念頭に、鉱山保安マネジメントシステム構築の流れを理解していただくことを第一の目的とし、ガイドブックを作成しました。
そして、経営トップ自らが率先垂範して鉱山保安マネジメントシステムに取り組んでいただき、災害ゼロに向けた自律的な歩みを進めていただくことを期待しています。

中小零細規模鉱山において、今後の保安を確保する上で、何らかのヒントを得てもらえれば幸いです。

関連資料

関連サービス