SOMPOリスケアマネジメント > 企業情報 > 事例実績紹介 > 中小企業経営課題支援

中小企業経営課題支援

お客様情報 経済産業省 中小企業庁 様
業務実績 平成21年度中小企業の経営課題に関する分析・調査

概要

2009年(平成21年)11月に「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」(いわゆる「中小企業金融円滑化法」)が成立しました。本法により、債務の弁済に支障を生じている、又はそのおそれがある中小企業などの借り手から申込みがあった場合、金融機関は、できる限り貸付条件の変更などの措置をとるよう努める義務を負うこととなりました。また、その実効性を確保するために、金融機関には、体制整備や開示などの義務が課されるほか、中小企業向け債権について、不良債権に該当しない要件を拡充するなどの措置を講ずることが求められます。
しかし、足元の対策を超えて、中小企業の経営に関する中長期的な安定・成長ひいては日本経済を発展に導くためには、資金繰り対策だけでは十分とは言えず、中小企業の経営力の本質的な向上を図る必要があります。

本業務では、現下の経済状況であっても、売上や利益を増大させている中小企業、または微増減にとどまっている中小企業の経営力を実態調査により明らかにするとともに、中小企業の経営力を高める政策課題を検討しました。

これにより、中小企業の経営力向上に貢献することが期待されます。

関連資料